サッカーが上手くなる子の特徴とは?

育成

こんにちはKevinです。

今日はサッカーが上手くなる子の特徴について書きたいと思います。

大きなポイントで言うと2つかなと思っています。

小さい頃は上手かったけど、意外と伸び悩んだってパターンもよくありますよね。

なんで伸びないのか、どういった子は伸びていきやすいのかについて実際にうちのチームであったエピソードも交えながら書いていきたいと思います。

 

人のせいにしない、味方のせいにしない

まず人のせいにしないってのはすごく重要です。

指導現場で味方に強くあたっている子結構いません?

特にチームの中で上手い子に多いと思いますが、味方が自分の思い通りに動かないと怒ってたり。

試合に負けたら誰々のせいで負けたみたいに考えてしまう子は伸び悩むと思います。

なぜなら、自分自身に目を向けれていないからです。

僕が指導するチームでもこんなことがありました。

上手い子の親が誰々のプレーが悪いって文句を言う。その子供も親の影響を受けて同じように文句を言う。

その親子はこのチームは弱いからって辞めていきましたが。

この話では自分自身に目を向けるってことが全くできていないんです。

まず、上手くなりたいなら誰かのせいにするのはやめましょう。

自分のプレーを振り返って、自分がこうしてれば勝てたんじゃないかって自分自身に目を向けることが大切です。

 

自分に足りないことを考える

さっきの自分自身に目を向けるって話にもつながるのですが。

自分に足りないところを考える習慣をいかに早く身に着けられるかってのはすごく重要です。

コーチや親からあれをやれこれをやれと言われたことだけをやっている子は最終的には伸び悩みます。

なぜなら、自分で考える力が育たないからです。

ジュニア年代ではなんとなく感覚だけでプレーしても通用するかも知れませんが、ジュニアユース、高校年代では通用しません。

サッカーは考えるスポーツです。

自分に足りないところって逆に言うと伸び代ですよね。

あの久保建英選手も自分に足りないこと、もっと伸ばして行くべきところを考えて実践してきたからあの若さでスペインで活躍しているんです。

指導者は子供に考えさせるようなコーチングが大事ですよ。

まとめ

今回はサッカーが上手くなる子の特徴について書きました。

①人のせいにしない

②自分に足りないことを考える

すごくシンプルですが、サッカーだけでなく勉強、仕事にも共通するような話かなと思っています。

自責の精神で頑張っていきましょう。

 

以上Kevinでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました