いいサッカーコーチの条件って?

育成

こんばんはKevinです。

今日はいいサッカーコーチってどんなコーチなのか考えていきたいと思います。

子供が成長していく上で、いい指導者に巡り合えるかどうかは重要なポイント。

何を持っていいコーチとするのか、子供がどうなればいいコーチと言えるのでしょうか?

 

優れた指導者ってどんな人?

いい指導者って子供に考えさせるコーチです。

子供を自立させるとも言えますね。

サッカーでは指示されたことだけできても試合では何の役にも立ちません。

試合では自分で連続して判断を下さなければなりませんから。

自分で考える能力を身につけさせるコーチは優れたコーチですね。

自分の考えの押し付けになってませんか?

否定ばかりしていませんか?

子供は否定されると返って話を聞かなくなります。

ではどうやって子供が自分で考える習慣をつけるのか。

 

自分で考える子供を育てるポイント

大事なことは3つです。

①子供の話を聞く

②叱らない

③命令しない

まず1つ目は子供の話を聞くことです。

自分の考え、意見ばっかりいっていないで子供に話させましょう。

一方的なコミュニケーションは子供の成長につながりません。

子供の考えを聞いた上で、アドバイスを与えて正しい方向に導きましょう。

2つ目は叱らないことです。

子供って叱ればしかるほど指導者の話を聞かなくなります。

叱られて面白いわけないですよね。

自然と叱ってばかりのコーチには拒否反応が出て話が耳を素通りするようになります。

こうなると何を言っても無駄なんです。

いかに叱らずに興味を持たせるか、そこを考えてください。

3つ目は命令しないことです。

子供に上から目線でものを言ってはいけません。

この時はこうしろとか、なんでこうしなかったんだとかグダグダ言ってるコーチいませんか?

サッカーのプレーに正解ってありません。

意外性とかアイデアって、命令の中からは生まれないんです。

何度も言うようですが、自分で考えさせる指導を心がけましょう。

まとめ

今回は優れたコーチの条件について書きました。

自分で考えることができる頭のいいプレーヤーをたくさん輩出しよう。

そんな指導者が増えれば日本サッカーの未来はきっと明るいはず。

 

以上Kevinでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました