相手チームが強いと感じるのはどんな時?

ジュニア

こんばんはKevinです。

試合で今日の対戦相手のチーム強いなって感じることよくありますよね。

外から見ててあのチーム強そうだなって思うこともよくあります。

相手が強そうだと感じると焦って落ち着いたプレーができなかったり。

なかなか思うようなプレーをさせてくれません。

相手を強いと感じさせる原因は簡単に言うと速さです。

では一体何が速いのか?

 

強いチームはプレッシャーが速い

強いチームは速いです。

弱いチームとの差は速さからきています。

ひとつひとつのプレースピードの差がチーム力の差を生みます。

特に強いチームと戦った時に感じる速さはプレッシングです。

速いプレッシャーによって相手に考える時間を与えません。

トラップしてから考える時間なんて与えてくれません。

速いプレッシャーを受けると、相手チームは苦し紛れにクリアするのが精一杯で、すぐにまた相手にボールを回収され何度も何度も波状攻撃をくらいます。

そうしているうちに失点。また失点。

終わってみたら大差での敗戦。

僕も試合が始まってプレッシャーの速さに圧倒されたこと何度もあります。笑

プレッシング以外の速さ

強豪チームの特に目立つ速さはプレッシングの速さ。

でも他にも強い理由がたくさんあります。

攻守の切り替えの速さ

バルセロナなんかは最たる例ですが、ボールを奪われたあとの切り替えは凄まじい速さです。

ボール周辺の選手で一気に相手に襲いかかり、5秒以内位でボールを奪い返します。

ただでさえバルサはポゼッションでボールを保持している時間が長いのに、取られてすぐに取り返すからより一層バルサボールの時間が長くなりますね。

判断の速さ

強いチームでは特に中盤の選手の判断の速さが光ります。

判断の速さはボールを受けてから離すまでの時間の短さですね。

中盤でボールを奪えるとチャンスになるので相手チームは積極的にボールを奪いに行くのですが、止めてから蹴るまでの時間が早く、相手選手にプレッシャーをかけさせません。

また、ダイレクトプレーも織り混ぜてくるのでプレッシャーがかけきれない。

バルサは中盤でのダイレクトプレーでよく相手のプレッシャーをいなします。

止めてから考えるじゃなくて常に周りを見て、フリーな選手を把握することが判断の速さを生みます。

 

どうやって速くする?

先ほど説明した3つの速さが強いチームの持つ速さです。

①プレッシングの速さ

②攻守の切り替えの速さ

③判断の速さ

①と②は練習でするパスゲームやミニゲームの中で指導者が意識させなければなりません。

強いチームほど練習からプレスと切り替えの速さを意識して試合でも自然にその速さが当たり前になるようトレーニンングしています。

速いプレッシャーに練習で慣れることができれば試合で慌てることはありません。

③はボールが来る前にどれだけ周りの状況が見えているかが肝心ですが、それだけでは足りません。

ボールを扱う処理速度を上げる必要がありますね。

止めてから蹴るまでの時間を速くするには、トラップとキック精度にめちゃくちゃこだわって練習することです。

ピタッと足元に止める。

前を向けるときは一発でターンする。

ダイレクトキックの精度を向上させる。

判断の速さは周りが見えていることに加え、技術の高さが必要です。

日頃から細かい技術の向上を意識しましょう。

 

まとめ

強いチームの原動力は速さです。

もう一度まとめておくと

①プレッシングの速さ

②攻守の切り替えの速さ

③判断の速さ

強いチームほどこの速さにこだわって練習しているから試合で余裕を持ってプレーできるんですね。

意識すれば必ず速くなりますよ。

 

以上Kevinでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました